生き続けてやる肺がんオヤジのつぶやき No2

肺がん脳転移ステージⅣを宣告されたオヤジが綴る日々の呟き!日々迷走中(^ ^)

ぽちぼちと……②

おはよ〜?になりました。
1つの記事を2日かけて書いたのは初めての事。

では続きを……

MRIの結果ですが
良くは無いです。だいたいそんな気はしてたのですが
以前にガンマナイフでほぼ消えた腫瘍は発見時より大きくなってます。
それ以外のガンマナイフで治療した所も同じくです(´Д`)ハァ…
それ以外にも……
やはり頭の腫れ(浮腫)が少し出ているのと脳の白濁が出てきました。
頭痛などの症状は腫瘍が原因か腫れが原因かはわかりませんが
歩行(ふらつきやつまずき)や指のしびれなどは脳の白濁が原因かもしれません。
両方とも少しずつですが酷くなってきてる感じです。後は物忘れ!予定は言われるまで忘れてる事が多いのと日付や曜日感覚はズレまくりです(笑)
次に出てくるかもしれないのが言語障害らしいです。
白濁の症状に関しては嫁と治験コーディネーターさんが話してたので内容は余り詳しく知りません。

このMRIに関しても担当医はコチラが聴くまで見ていない。
聴いてやっと画面を開いて説明をするが……
詳しい説明は無いので聴く気になれず自分で見て大きさなどを判断してました。
ホントはこんな担当医じゃなかったんですけどね。
大学病院に帰ってから。患者数も増えそれ以外にもやる事が増えたんでしょう。どうも余裕があるように見えない。何か焦ってる感が...
まぁ仕方ないと言えばそれ迄ですが患者からすると不安ですね。

今回はこんな感じで診察は終わったのですが
まだドタバタ病院は終わってません。

先ずは次回の予約ですが出てきた予約表の日にちが間違ってる。
そして治験コーディネーターさんが担当医に確認して新しいのが……
次は時間が間違えてて……もうコーディネーターさんも手書きで修正。

これで診察のファイルも貰って会計に
ところが薬局に渡すファイル(麻薬系の場合は必要なやつ)を忘れて走ってきたコーディネーターさん。
嫁に渡して無事業務終了のはずがまた後で登場します。

会計のファイルを出した嫁が自分の所に来た時に
何故か薬局に出すファイルを持っている?おかしい……
「会計受付でこちらでは必要ない」と言われて持ってたのですが
確かに薬局に出すと書かれていたが、窓口で一言案内があってもよかったのではと思います。
仕方が無いので自分が窓口まで行って渡しました。嫁は知らなかったので仕方がありませんので次回からの為に説明はしときました。

これでバタバタ病院は終わりかと...いやまだあります。

前回の診察時も薬の処方忘れがあったのを
嫁が思い出し駐車場を出てから思い出し確認

すると……今回も処方忘れが

仕方なく病院に戻り嫁が説明に(この時点でオヤジは疲れはてて)
今回は嫁がいてくれたので助かりました。
コーディネーターさんからドクターに連絡して会計からやり直し。
待つこと約1時間!終わった時には嫁もフラフラだったと思います。

今回のドタバタ病院はこれでお終い(笑)
細かい事まで書き出しとブログが書き終わらないので一部ははしょってます。

さてこの後の帰りの話はまた次にします

それじゃぁ(^ ^)また