読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き続けてやる肺がんオヤジのつぶやき No2

肺がん脳転移ステージⅣを宣告されたオヤジが綴る日々の呟き!日々迷走中(^ ^)

コミュニケーション

こんにちは~(^^)
また寒くなりましたね。ハァ~嫌ですね寒いのは!

今回は副作用も楽なのかと思いきや…
五分と座ってられない(泣)
でも今回でこの治験も終了です。
明日ににMRI検査とCT検査で治験は一旦お終い。
そして新たな治験があるので、それに関する説明があります。
ただ次の治験は遺伝子の適応が1割、2割と低いのでどうなるのか?

まぁその前に頭の治療です。
これも前回と同じように定位照射なので楽なやつです(笑)

先日の診察の時に気になった事があったのですが
待ち合いで隣におばあさんが座ってきました。
診察を終えたあとなのですが、横に兄弟か親戚の方かわからないですが女性と旦那さんが…
話を聞いて居ると食べれないみたいです。
栄養剤を出して貰ったとか、それはそれでいいのですが
そこに息子さんらしき人が来て話している内容が気になって。
息子さんはキツイ口調で、お父さんがもっとしっかりしろと。
おばあさんはお父さんはちゃんとしてくれてる。と言ってました。
そして薬の話になったのですが、嫁が整理に行くと息子さんが言ってるのですが…
何か違和感が…どうもおばあさんとがんの事を話し合えて無いのでは?
おばあさんの思いや考えが聞いてもらえないのが原因で食べれて無いのではと?
薬の管理も嫁さんが来てやってくれるのは楽だと思いますが
まだ自分で出来るなら自分でと思ってるような。
70代位の方ですから、お父さんが何か言われたらかばうでしょうし
もし自分に何かあった時のお父さんの事や家の事など心配だと思います。
何だか大事な事を話し合えて無い感じがして…

何だか何が言いたいのか分からなくってきましたが
がんになって思うのは家族とのコミュニケーションは大事だと!
ステージ等によっては変わってきますが
自分のようにステージⅣの進行がんではかなりコミュニケーションは必要かと

まぁ書いてる自分はまだまだちゃんとできてません!
当初はイロイロと話したりしましたが…
変わらない状態で1年半が過ぎましたから(笑)あまりがんの事を話さなくなりましたね。
それはそれで元気な証ですからいいのかもしれません。

ただがん患者を持つ家族の方にはコミュニケーションを大切にして欲しいです。
家族だから言いにくいこともあります。その部分を理解してあげるようにしてください。
それだけでも精神的な事が楽になると思います。

家族のコミュニケーションって楽なようで大変ですよね。
他人なら言い争いになっても何とかなりますが
家族の場合はその後に気まずい日々が続きますし…(我家がその状態で)

ホントグダグダな内容になってしまいました。ごめんなさい。

明日は病院!頭がどんな状態か気になりますが、それよりも天気です!
近畿も雪みたいな事を言ってますし…今年の寒波もこれでお終いにして欲しいですね。

それじゃ(^^)また







hiro 肺癌と共に (@smilelife_hiro)
https://twitter.com/smilelife_hiro

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村