読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き続けてやる肺がんオヤジのつぶやき No2

肺がん脳転移ステージⅣを宣告されたオヤジが綴る日々の呟き!日々迷走中(^ ^)

夢の話(おちはありませんよ)

こんちは(^^♪もしくはこんばんは

なんせ書くのが遅いくせにこれが二つめ。

今回は夢の話を少し先に書きます。

おかしい?昨夜その夢で起きた時に忘れないようにと書いたのですが

何に書いたのだろう?書けそうなものは全て見たけど無い!なんでだ…

と悩んでいても仕方が無いので思い出しながら書きます。

しかも小説風に(笑)

 

男はある巨大病院でMRIの検査を受けていた。

しかしいつもの検査室とは雰囲気が違うことにきずいた。

そこは手術室のような特別の場所に感じていたが、気にすることなく検査室を出ていく男。だが男の姿はパンツ1枚しかし男は気にしていない様子だった。

ここは巨大病院。診察室も多い検査室も多い気が付けば男は道に迷っていた。

仕方が無いのでしばらく歩き続けると、ホテルのようなロビーに。

目の前には観光バスらしき物が列をなして止まっている。

何か不思議な感じを覚えながら円形状のロビーから移動すると

そこには白く長い扉すらみえない長いローカが見える。

何か違う来てはいけない場所と感じた時にナースが目に入り聞いてみることに

MRIの検査室は何処ですか?」

ナースは不思議そうな顔をしていた。あたりまである目の前にはパンツ1枚の男が立っているのだから。

しかしナースは「検査なら夕方の6時からだから、時間もまだあるから自分の車で待ちましょう」と言ってくれ後ろを付いて行くことに。

するとそこには黒い可愛い服を着たナースの集団。みんな若く可愛い。

しばらくそのナースの集団と話をしていると、入院間患者のような人たちも集まってきた。その人たちも何か自分とは違う感じがする。

そして入院では無いと言うと残念そうにみんな去っていった。

最初にあったナースにここは何処かと聞いてみたら九州らしい。

大阪の病院にいた男が何故か九州に…

そこで目覚めた

 

しかしスマホのどこに書いたのだろう?

気になるのはその後の夢の最後の部分「世界に向けて発信」と叫んでる人が・・・

もしかして?誰かオヤジから変なメールなど来てないですよね。

ほんとにどこに書いたんだろ?

 

最近は夢と現実の境が曖昧になってきてます。

夢を見てるけど頭の中は起きてる状態みたいな…たぶん寝てると思いますが。

そして必ず2時前後に起きて次は5時に目覚め。

息子が起きてくるのが6時なのでそのまま起きて嫁と娘を起こす状態です。

 

(すみません。眠くて仕方が無いので中断します。やはりこんばんはになりそう)

\(目覚)/たので続きを

 

また睡眠が上手く取れていない状態になりつつなりそうです。

でも今日は寝れそうな感じがするんですが・・・

夢の話ですが最近は変な夢ばかりです。それも短時間で目覚めた時ばかり

よく15分や30分程寝たりすることがありますが

そんな時は必ずと言ってもいいほど現実と夢の世界が混合したような感じですね。

 

夢の話はよく読むとただの夢じゃないかとつっこまれそうですが(笑)

それじゃ(^^♪また

 

何処に書いたか見つけました!ブログの下書きに(笑)

今頃見つかっても遅いはΣ\(゚Д゚;)