読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き続けてやる肺がんオヤジのつぶやき No2

肺がん脳転移ステージⅣを宣告されたオヤジが綴る日々の呟き!日々迷走中(^ ^)

尊厳死と寝たきり

こんばんは(^ ^)

今日は少し硬い話ですかね。



尊厳死」難しい問題です。

 

「寝たきり」これも難しい問題。
 
いま、入院している病院は、内科と整形外科とリハビリの三つがあります。そして入院は2階が整形外科とリハビリ、3階と4階が内科と1部のリハビリの患者さんが入院生活を送ってます。
自分は3階なんですが、半分以上は寝たきりの方ばかりです。一部の人は胃ろうをされて、酸素をつけられてる。
 
さて、それって生きてます?
 
自分の親友のお母さんもそんな状態なんですが……
他人から見たらそこまでして何の意味があるのか?
家族にすればい呼吸をしてるのだから生きてる!
生きてるのだから、胃ろうをしないと栄養が取れない。
だからやってる事は全て間違ってない!
 
間違っては無いんですよね。家族としてはいつまでも生きて欲しいですもんね。家族のみんなが納得出来るまで病院で管をつないで生きてて貰う。多分ドクターも最後まで胃ろうをして、栄養が取れて、呼吸が苦しいなら酸素を入れる!コレを勧めて?来ると思います。何故なら責任を回避したいからだと思います。とこんな話を出すと脱線して、話が長くなりそうなので……。
 
そんな寝たきりのおじいちゃんやおばあちゃんを見ていると、ホントにこの人達はコレを望んでるのか?と悩んでしまいます。誰も来ない病院で管に繋がれ寝てるだけの生活を選んだのか?自分にはわからない事ですが……
この寝たきりになる前に尊厳死の意思表示が位置付けされてそうですよね。
尊厳死って人としての尊厳を持って……ウー( ˘•ω•˘ ).。oஇ
 
調べて見ました
尊厳死とは過剰な延命処置をせず、人間の尊厳を保ちながら命をおえること。日本尊厳死協会では、意識喪失後も、人工呼吸器などでの強制的円目を拒否する、生前の意思表示(リビングウィル)を登録、尊厳死法の制定を求める運動をしている。一方、安楽死は患者の求めで、消極的には医師が必要な治療を控え、積極的には薬で死なせたりする行為である。オランダなど一部の国、地域では認められている。日本では1995年に横浜地裁が、回復不能で本人の意思が強く、痛み治療もできないなどの条件で安楽死が認められるとしたが、神奈川、京都、北海道、富山など各地でその条件以前の安楽死事件が起きてる。

 ようはちゃんと自分が終末期にどんな治療を受けたいのかちゃんと登録しましょう。

と言うことです。登録しないまでも家族や担当ドクターの了解を得ておく必要があります。でも最期の時を迎えるときに全てが自分の思い通りに行くかは不明だと思います。

そこには必ず家族の意向や思いも新たに出てくる可能性が・・・

じゃ書いても意味がない!ではなく意思表示はしましょう。

 

あなたならどうします?管に繋がれてでも生きるのか?そんなのはまっぴらごめんだと家族に伝えておくのか・・・

 

自分の場合は念のため家族には伝えてます。

「余計なことはしないで、モルヒネ等で眠るように行かせてくれ」

 

 

それじゃ(^^)また